新規性・進歩性の判断基準


新規性の判断基準

 発明(考案)に新規性があるかどうかは次のいずれかに該当するかどうかで判断します。(特許庁ホームページ審査基準「新規性・進歩性」参照)

 以下のものに該当しなければ新規性はあるということになります。

公然知られた発明(考案)である場合

 正確には「特許(実用新案登録)出願前に日本国内又は外国で公然知られた発明(考案)(特許法29条1項1号、実用新案法3条1項1号)」である場合です。

 新しいかどうかの時間の基準は出願時です。さらに、公然知られている場合とは、不特定の人が知っていて、しかもその内容は秘密でない場合をいいます。ですから、秘密を守る義務がある人100人に知られても新規性はなくなりません。

公然実施された発明(考案)である場合

 正確には「特許(実用新案登録)出願前に日本国内又は外国で公然実施された発明(考案)(特許法29条1項2号、実用新案法3条1項2号)」である場合です。

 判断時や範囲は「公然知られた発明(考案)である場合」と同じです。公然実施とは、公然知られる状況又は公然知られるおそれのある状況での実施を言います。実際に知られたかどうかは問いません。但し、実施された発明(考案)を不特定の人が見ても、外部からは発明の内容がわからないような場合は公然実施されたということにはなりません。

刊行物に記載されている発明(考案)である場合

 正確には「特許(実用新案登録)出願前に日本国内又は外国でにおいて頒布された刊行物に記載された発明(考案)(特許法29条1項2号、実用新案法3条1項2号)」である場合です。

 判断時は上記の2つと同じです。頒布された刊行物とは不特定多数が見ることができるような状態におかれた刊行物(公衆に頒布により公開することを目的に複製された文書、図面、これに類する情報伝達媒体)と解釈されます。実際に誰かが見たという事実は必要ではありません。

電気通信回線を通じて利用可能になっている発明(考案)である場合

 正確には「特許(実用新案登録)出願前に日本国内又は外国において電気通信回線を通じて公衆に利用可能になった発明(考案)(特許法29条1項2号、実用新案法3条1項2号)」である場です。電気通信回線は主にインターネット情での公開を意味します。具体的な判断については特許庁ホームページの審査基準「インターネット等の情報の先行技術としての取り扱い」を参照してください。 


進歩性の判断基準

 進歩性があるかどうかの判断は特許(登録)性があるかどうかの判断の中で最も難しく、しかも特許(登録)性のない発明(考案)の大部分が進歩性がないことによるものです。

 進歩性がないとされるのは「特許出願前にその発明の属する通常の知識を有する者が、前号各号(上記の新規性のない発明)に掲げる発明(考案)に基づいて(きわめて)容易に発明(考案)をすることができたとき(特許法29条2項、実用新案法3条2項)」です。

 しかし何をもって「容易」だと言えるのかというのは難しい問題です。特許庁の審査基準では統一的に判断するために以下のような方法により進歩性があるかどうかの判断をすることとしています。従って、少なくとも特許庁の手続においては審査基準の判断に従う必要があります。(特許庁ホームページ審査基準「新規性・進歩性」へ)

進歩性の判断のやり方

 出願された発明(考案)を容易に行うことができるかどうかの論理づけを行うのに最も適した引用発明(考案)を1つ選ぶ。

 出願された発明(考案)と選ばれた引用発明(考案)を対比して、両者の一致点と相違点を認定する(相違点は出願された発明における相違点)。

 以上の認定事項に基づいて、当業者が引用発明から請求項に記載された発明(考案)に容易に到達しえたかどうかの論理づけを試みる(認定された相違点を導きだせる論理をつくることができるかどうかを試みる)。

 その結果、論理づけができた場合は進歩性なし、論理づけができなければ進歩性ありと判断する。


「論理づけ」

 上記のにおける「論理づけ」は、選択された引用発明(考案)や他の引用発明(考案)に、出願された発明(考案)に対して起因ないし契機(動機づけ)となり得るもの(※1)があるかどうかを主な観点とします。

 また、進歩性があると判断するのに役に立つ事実として出願された発明(考案)の構成によりもたらされる引用発明(考案)に比較して有利な効果を考慮します(※2)。

【論理づけの例】

 ・相違点は他の引用発明に記載されており適用するのは容易である。

 ・相違点は設計事項であり当業者が適宜選択できる事項である。


(※1) 起因ないし契機(動機づけ)となり得る事項として以下のものが審査基準には挙げられています。

(1) 引用発明の内容中の示唆

(2) 課題の共通性

(3) 機能、作用の共通性

(4) 技術分野の関連性。


(※2) 審査基準をそのまま引用すると

 「引用発明との構成の類似性や、複数の引用発明の組み合わせにより、一見、当業者が容易に想到できたとされる場合であっても、請求項に係る発明が、有利な効果であって、引用発明が有する効果とは異質な効果、または同質な効果であるが際立って優れた効果を有し、これらが技術水準から当業者が予測することができたものではないときは、この事実により進歩性が推認される。」

 「なお、請求項に係る発明が有利な効果を有していても、当業者が請求項に係る発明を容易に想到することができたことが、起因ないし契機(動機づけ)の観点から十分に論理づけられたときは進歩性は否定される。」

 とされています。


ご質問・ご意見・ご感想はこちら→

[Back][Home]



磯兼特許事務所

〒530-0047 大阪市北区西天満3丁目1-25-808
tel:06-6316-6789  fax:06-6316-6800

e-mail:office@isokanet.com
homepage: http://www.isokane-patent.com


(c)copyright Tomoki Isokane,1999-2006,All Right Reserved